ファイナンシャルプランナーと、生保営業マンとの違いは?

保険の見直しや相談なら無料窓口ガイドにどうぞ。ファイナンシャルプランナーと、生保営業マンとの違いは?
MENU

ファイナンシャルプランナーと、生保営業マンとの違いはある?

生命保険レディ(生保レディ)

生保レディ

生命保険会社の生保レディ、営業マンは、自分の会社の保険を売って、僅かな基本給とマージンで報酬を手に入れています。営業成績が良いセールスレディは、年収1000万超えもわんさかいます。

戦後、未亡人が多かったこと、女性の社会進出が増えたことで、女性ならではの活躍の場として発展してきた職業です。

生保レディの特徴は、「自社の保険を売るのが目的」だということ。中には販売しか目に入らず、入ってくれるなら何でもいい。お客様の事も考えずにいくらでも入るよう誘導してくる方が、保険セールスの全盛期には多かったので、世間で胡散臭く思われてしまう原因になりました。

最初は払うからと、保険に勝手に入れられたという話もよく聞きました。それは、自社からのノルマと、ノルマ達成時の大きな報奨金があるからなのです。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、ファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格(または民間のFP資格)を保持している方のことを言います。

家計の節約、税金の損得、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のことを知っています。ほとんどの保険の相談窓口では、いつでも何度でも、メールで保険のことをファイナンシャルプランナーに相談できます。

主に、以下の6つの分野のエキスパートです。

  • ライフプランニング(人生の資金計画)
  • 金融資産の運用方法
  • 上手な税金の支払い方法
  • 事故や病気などのリスクに備える方法
  • 不動産の価値や保存方法
  • 相続・事業承継についての相談

つまり、家計を上手に「経営」するためのコンサルティングをして総合的に判断してくれるのです。

ファイナンシャルプランナーは中立な立場で保険商品を勧めてくれるので安心して話を聞けますよ!

保険の見直し相談窓口では

担当のファイナンシャルプランナー(相談相手)が決まったら、加入中の生命保険や医療保険を詳しく見てもらい、自分に合っているかを無料で診断してくれます。じっくり計算し見直し等が必要か診断して、どのような保険会社・保険プランが良いのかを複数の保険会社にまたがって、提案してくれます。

あなたはもしそれが気に入ったら頼むだけ。気に入らなければチェンジや見積もりの再計算など何回でもお願いできます。

入り直す保険料以外には、手数料も紹介料も一切かからないのです。

コンサルティングアドバイザーは特定の保険会社に所属しているわけではなく、保険会社1社をすすめることはありません。ひとりひとりに合った保険を膨大な保険商品から選定し無料で提案してくれます。

生命保険見直しをするときにはまず、「現在の自分の状況」「将来はどうなっていたいか」をまず想定することが大切です。

さらに自分は生命保険にいくらくらいかけられるのか・生命保険に加入する目的は何なのか書き出してみると選択肢も狭まってくるでしょう。

あとは保険見直しサイトに相談すると自分のライフプランに合った保険商品を探し出してくれるので、アドバイザーの言葉に耳を傾けてみてください。

PR:保険見直し本舗の窓口に行って無料相談しよう!

保険見直し本舗
このページの先頭へ