貯蓄系の保険は本当に得なのか?

保険の見直しや相談なら無料窓口ガイドにどうぞ。保険見直し業者の比較やランキングなどお役立ち情報を随時更新しております。貯蓄系の保険は本当に得なのか?
MENU

貯蓄型保険の加入メリットは?

学資保険や養老保険など「貯蓄系」といわれる保険はたくさんあります。

未来のために預金をして運用することもできる「貯蓄系生命保険」は人気が高いですが、実はデメリットがあることもご存知でしょうか。

そのデメリットは貯蓄系の生命保険の契約期間が長いことが関係してきます。貯蓄系の生命保険は一般的に15〜20年。その間継続的に保険料を払い続けることになります。

しかし、もし保険料を支払い続けてきた「貯蓄系生命保険」を途中で解約すると受け取れる金額が少なくなってしまうのです。

ですので、本当に最後まで余裕資金として預けられるのか、無理しないで保険料を払い続けられるのかをしっかり考えなければいけません。

「貯蓄型生命保険」を契約するかもしれないときには、このようなデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

得になる貯蓄型保険とは

保険証券

貯蓄型保険や積立型保険の金利が無いに等しいと言っても過言ではない時代ですが、加入時期によっては保有しておいたほうがいい保険もあります。

それはバブル時期以前の金利が高い時代に加入した保険です。

複利計算の商品であれば尚、利息で膨れた元金に利息がかかっていますので増え方が違います。

ファイナンシャルプランナーに相談する際には今加入している保険証券を持参して、しっかり計算してもらいましょう。

PR:保険のビュッフェで無料相談!

このページの先頭へ